熊本大学 生命資源研究・支援センター 動物資源開発研究部門
| 日本語 | English |
動物資源開発研究部門(CARD) > 研究室 > 沿革

沿革

医学部附属動物実験施設

昭和54年4月
 動物実験施設設置
   6月
 浦野 徹助教授 就任
   8月
 初代施設長(併任)神原武教授(中毒研究施設、病態生理学部門)
昭和56年3月
 動物実験施設建物(本館)竣工
   10月
 開所式挙行
昭和60年3月
 2代目施設長(併任)小谷正彦教授(解剖学第二)就任
平成元年3月
 3代目施設長(併任)西勝英教授(薬理学第二)就任


医学部附属遺伝発生医学研究施設トランスジェニツク実験室

平成4年4月
 トランスジェニツク実験室設置


医学部附属動物実験施設

平成10年4月
 医学部附属動物実験施設とトランスジェニツク実験室を統合改組し、動物資源開発研究センター設置
 センター長(併任)山村研一教授(遺伝発生医学研究施設、発生遺伝部門)
平成10年6月
 浦野徹教授(病態遺伝分野)就任
 中潟直己教授(資源開発分野)就任
   7月
 山田 源教授(技術開発分野)就任
   10月
 副センター長(併任)浦野徹教授(病態遺伝分野)就任
平成11年10月
 開所式挙行
平成12年2月
 動物資源開発研究センター新館竣工
   5月
 竣工式挙行