熊本大学 生命資源研究・支援センター 動物資源開発研究部門
| 日本語 | English |
動物資源開発研究部門(CARD) > 研究室 > セミナー履歴

セミナー履歴

年度別セミナー履歴一覧へ


第99回 CARDセミナー

演者:大塚 雅巳 先生
    (熊本大学大学院医学薬学研究部 生体機能分子合成学)
演題:細胞内シグナルを操作する機能性化合物の分子設計 ―生命科学と有機化学の接点を求めて―
日時:2003年11月10日(月) 17:00〜
場所:エイズ学研究センター・CARDセミナー室(新棟2F)

履歴のトップ



第98回 CARDセミナー

演者:Dr. David Ornitz Dept. of Molecular Biology and Pharmacology, Washington Univ. Med. School
演題:
Regulation of Skeletal Development by Fibroblast Growth Factors and FGF receptors
日時:2003年10月10日(金)17:30〜
場所:エイズ学研究センター・CARD セミナー室(新棟2F)

履歴のトップ



第97回 CARDセミナー

演者:金子 武人 先生(熊本大学生命資源研究・支援センター(資源開発分野))
演題:
マウス精子の凍結乾燥(フリーズドライ)法 ーインスタントコーヒーのように精子を保存するー
日時: 2003年9月19日(金)  17:00〜
場所: エイズ学研究センター・CARD セミナー室(新棟2F)

履歴のトップ



第96回 CARDセミナー

演者:森 正敬 先生(熊本大学 大学院医学薬学研究部(分子遺伝学講座))
演題:小胞体ストレスを介するアポトーシスと病気
日時:2003年9月26日(月曜日)17:00〜
場所:エイズ学研究センター・CARD セミナー室(新棟2F)

履歴のトップ



第95回 CARDセミナー

演者:寺田 和豊 先生(熊本大学 大学院医学薬学研究部(分子遺伝学講座))
演題:Hsp70−DnaJホモログからなるシャペロン系
日時:2003年8月26日(火曜日)16:30〜
場所:エイズ学研究センター・CARD セミナー室(新棟2F)

履歴のトップ



第94回 CARDセミナー

演者:畠山 昌則 先生(北海道大学 遺伝子病制御研究所)
演題:ヘリコバクタ−・ピロリ菌由来癌関連蛋白CagAが引き起こす胃細胞内シグナル伝達異常
日時:2003年7月23日(水曜日)17:00〜
場所:エイズ学研究センター・CARD セミナー室(新棟2F)

履歴のトップ



第93回 CARDセミナー

演者:川上 潔 先生(自治医科大学 分子病態治療研究センター)
演題:Six遺伝子群の分子機能と生体機能
日時:2003年7月22日(火曜日)15:00〜
場所:エイズ学研究センター・CARD セミナー室(新棟2F)

履歴のトップ



第92回 CARDセミナー

演者:Dr. Yuji Mishina (Laboratory of Reproductive and Developmental Toxicology, NIEHS, NIH)
演題:Functional analyses of Bone Morphogenetic Proteins on mesoderm formation and
neural differentiation.
日時:2003年6月9日(月曜日)17:00〜
場所:エイズ学研究センター・CARD セミナー室(新棟2F)

履歴のトップ



第91回 CARDセミナー

演者:矢沢 隆志 先生(福井医科大学 生化学第ニ教室)
演題:イモリ精原細胞の分化とアポトーシスのホルモン制御機構
日時:2003年5月26日(月曜日)11:00〜
場所:エイズ学研究センター・CARD セミナー室(新棟2F)

履歴のトップ



第90回 CARDセミナー

演者:下田 和哉 先生(九州大学病態修復内科学、第一内科)
演題:サイトカインシグナル伝達機構におけるTyk2の機能
日時:2003年5月13日(火曜日)17:00〜
場所:エイズ学研究センター・CARD セミナー室(新棟2F)

履歴のトップ



第89回 CARDセミナー

演者:北川 元生 先生(千葉大学大学院医学研究院 腫瘍病理学)
演題:Notchシグナル伝達系におけるMastermindの役割
日時:2003年4月24日(木曜日)17:00〜
場所:エイズ学研究センター・CARD セミナー室(新棟2F)

履歴のトップ



第88回 CARDセミナー(第3回COE国際シンポジウムと共催)

演者:毛利 資郎 教授(九州大学大学院医学研究院 附属動物実験施設)
演題:
ヒト・プリオン病モデルマウスの展開
日時:2003年3月10日(月曜日)13:00〜
場所:エイズ学研究センター・CARD セミナー室(新棟2F)

履歴のトップ



第87回 CARDセミナー

演者:Dr. Corrinne Lobe (Sunnybrook Health Sciences Centre,Toronto)
演題:The downstream effects of loss of TWIST, a basic-helix-loop-helix factor, on mouse development
日時:2003年4月23日(水曜日)17:00〜
場所:エイズ学研究センター・CARD セミナー室(新棟2F)

履歴のトップ



第86回 CARDセミナー

演者:東野 義之 先生(奈良県立医科大学第一解剖学教室)
演題:1. 元素含量の観点から見たヒト組織の加齢変化ー特に血管
   2. 泌尿器・生殖器の発生

演者:
荒木 勉 先生(大阪大学大学院基礎工学研究科)
演題:非線形光学現象を利用して生体を計る
日時:2003年4月4日(金曜日)10:00〜
場所:CARD 新館 5F 演習室

履歴のトップ



第85回 CARDセミナー

演者:太田 浩 氏(パナファーム・ラボラトリーズ 株式会社)
演題:パナファーム・ラボラトリーズにおけるKOマウスの表現型解析
演者:麻生 直 氏(財団法人 化学物質評価研究機構)
演題:
突然変異マウスの表現型解析-検査項目と問題点-
日時:2003年3月17日(月曜日)13:00〜
場所:遺伝子実験施設(GTC)6階 講義室

履歴のトップ



第84回 CARDセミナー

演者:Dr. Patrick Tam(The Embryology Unit, Children's Medical Research Institute)
演題: The downstream effects of loss of TWIST, a basic-helix-loop-helix factor, on mouse development
日時:2003年3月10日(月曜日)13:00〜
場所:エイズ学研究センター・動物資源開発研究センターセミナー室(新棟2F)

履歴のトップ



第83回 CARDセミナー

演者:Prof. John A. McLachlan(Center for Bioenvironmental Research, Tulane/Xavier Univ.)
演題:Estrogen: Nature's First Signaling Molecule
日時:2002年11月29日(金曜日)17:00〜
場所:遺伝子実験施設6階 講義室

履歴のトップ



第82回 CARDセミナー

演者:鈴木 宏志 先生(帯広畜産大学)
演題::Possible expansion of window of implantation in pseudopregnant mice: Time of implantation of embryos at different stages of development transferred into the same recipient
日時:2002年12月4日(水曜日)17:30〜
場所:エイズ学研究センター・動物資源開発研究センターセミナー室(新棟2F)

履歴のトップ



第81回 CARDセミナー

演者:新田 由美子 先生(広島大学原爆放射線医科学研究所 国際放射線情報センター)
演題:小眼球マウスDel(2)Sey3H<Pax6>を用いて、マウス骨髄性白血病のがん抑制遺伝子ポジショナルクローニングに挑戦
日時:2002年11月29日(金曜日)17:00〜
場所:エイズ学研究センター・動物資源開発研究センターセミナー室(新棟2F)

履歴のトップ



第80回 CARDセミナー

演者:小林 真 先生(佐賀大学農学部)
演題:交尾後のマウス子宮からの精子採取法とデジタルカメラを利用した精子の運動性記録装置について
日時:2002年11月11日(月曜日)17:00〜
場所:エイズ学研究センター・動物資源開発研究センター 5F 演習室

履歴のトップ



第79回 CARDセミナー

演者:Prof. Peter Koopman(Institute for Molecular Bioscience, The University of Queensland)
演題:Molecular Mechanizms of Sexual Development
日時:2002年10月24日(木曜日)16:00〜
場所:エイズ学研究センター・動物資源開発研究センター 5F 演習室

履歴のトップ



CARD国際シンポジウム 第78回 CARDセミナー

演者:楊 果杰 先生(CARD 客員教授;北京大学医学部実験動物科学部)
演題:弱熱耐性動物ナキウナギの生理特性についての研究

演者:松田 潤一郎 先生(国立感染症研究所)
演題:疾患モデル動物研究資源の基盤整備に向けて−各種実験動物の生殖関連技術の重要性−

演者:山崎 由紀子 先生(CARD 客員教授;国立遺伝学研究所)
演題:生命情報科学におけるオントロジープロジェクト

演者:濱田 博司 先生(大阪大学大学院生命機能研究科 発生遺伝学グループ)
演題:体の非対称性が生じる機構
日時:2002年11月26日(火曜日)13:30〜17:20
場所:遺伝子実験施設6階 講義室

履歴のトップ



第77回 CARDセミナー

演者:島崎俊一先生(Department of Reproductive Medicine, University of California, San Diego)
演題:卵巣内BMPシステム:卵胞発育と排卵数を制御する新たな制御機構
日時:2002年11月5日(火曜日)17:00〜
場所:エイズ学研究センター・動物資源開発研究センターセミナー室(新棟2F)

履歴のトップ



第76回 CARDセミナー

演者:立花克郎 先生(福岡大学医学部解剖学)
演題:超音波エネルギーを用いた薬物・遺伝子の細胞内導入
日時:2002年10月25日(金曜日)16:00〜
場所:エイズ学研究センター・動物資源開発研究センター演習室(新棟5F)

履歴のトップ



第75回 CARDセミナー

演者::Prof. Richard Behringer(Department of Molecular Genetics, University of Texas (USA))
演題:Genetic regulation of mammalian sexual development 演者::Prof. Blanche Capel(Dept of Cell Biology, Duke University Medical Center)

演題::Cell Signaling in Gonad Development
日時:2002年10月21日(月曜日)16:00〜
場所:エイズ学研究センター・動物資源開発研究センターセミナー室(新棟2F)

履歴のトップ



第74回 CARDセミナー

演者:横山 峯介 マウスゲノム工学センター長(三菱化学生命研究所)
演題:マウス卵巣の凍結保存法の開発

演者:矢野 英樹 氏((株)オリエンタルバイオサービス)
演題:オリエンタルグループの受精卵凍結保存業務について

演者:中島 竜之 氏(アーク・リソース(株))
演題:アーク・リソースの凍結保存業務について
日時:2002年10月25日(金曜日)17:30〜
場所:エイズ学研究センター・動物資源開発研究センターセミナー室(新棟2F)

履歴のトップ



第73回 CARDセミナー(第3回COE国際シンポジウムと共催)

演題:眼の発生に関わる遺伝子の機能解析
演者:太田 訓正 先生
   (熊本大学神経分化学講座)
日時:2002年9月19日(木曜日)10:00〜
場所:エイズ学研究センター・動物資源開発研究センター演習室(新棟5F)

履歴のトップ



第72回 CARDセミナー

演題:マウス胚・精子の凍結保存について
演者:
中潟 直己 先生(熊本大学動物資源開発研究センター資源開発分野)

演題:日本チャールスリバーにおけるマウス凍結受精卵作製と販売について
演者:藤田 春美 氏(日本チャールスリバー(株)SASセンター)

演題:遺伝子改変マウスの胚・精子凍結保存業務の現状と課題
演者:香山 敬志 氏

演題:セアック吉富におけるマウス生殖工学関連業務(凍結保存を中心として)
演者:三小田 伸之 氏

日時:2002年9月5日(木曜日)17:30〜
場所:遺伝子実験施設6階 講義室

履歴のトップ



第71回 CARDセミナー

演題:トランスジェニックマウス家畜の現状と実用性
演者:佐伯 和弘 先生
   (近畿大学生物理工学部遺伝子工学科)
日時:2002年7月10日(水曜日)17:30〜
場所:エイズ学研究センター・動物資源開発研究センターセミナー室(新棟2F)

履歴のトップ



第70回 CARDセミナー

演題:性分化異常症の臨床的および分子遺伝学的アプローチ
演者:緒方 勤 先生
   (東京電力病院)
日時:2002年8月29日(木曜日)17:00〜
場所:エイズ学研究センター・動物資源開発研究センターセミナー室(新棟2F)

履歴のトップ



第69回 CARDセミナー

演題:核内ステロイドレセプターの生体内機能
演者:加藤 茂明 先生
   (東京大学分子細胞生物学研究所)
日時:2002年8月6日(火曜日)17:00〜
場所:エイズ学研究センター・動物資源開発研究センターセミナー室(新棟2F)

履歴のトップ



第68回 CARDセミナー

演題:糖転移酵素遺伝子ノックアウトマウスを用いた糖鎖機能の解析
演者:浅野 雅秀 先生
   (金沢大学大学院医学系研究科附属動物実験施設)
日時:2002年8月5日(月曜日)17:00〜
場所:エイズ学研究センター・動物資源開発研究センターセミナー室(新棟2F)

履歴のトップ



第67回 CARDセミナー

演題: Role of Msx1 in mammalian craniofacial development.
    Molecular mechanism of cardiac looping.
演者:Dr. YiPing Chen
   (Tulane Univ. Dept. Mol. Cell. Biol.)
日時:2002年5月16日(木曜日)17:00〜
場所:エイズ学研究センター・動物資源開発研究センターセミナー室(新棟2F)

履歴のトップ



第66回 CARDセミナー

演題:「間葉系幹細胞の部分全能性とその細胞移植の病態病理」
    「ヒトEC細胞の分化初期に単離された分化関連分子EATの生物学的機能」
演者:梅澤 明弘 先生
   (慶応大学医学部病理学)
日時:2002年4月12日(金曜日)17:00〜
場所:エイズ学研究センター・動物資源開発研究センターセミナー室(新棟2F)

履歴のトップ



第65回 CARDセミナー

演題:医薬品開発における実験動物
演者:宮嶌 宏彰 先生
   (新日本科学安全性研究所)
日時:2002年4月25日(木曜日)13:00〜
場所:医学部 臨床第一講義室

履歴のトップ



第64回 CARDセミナー

演題:CARDのマウスプロジェクト全体構想-いったい何匹必要なのか?-
演者:山村 研一 先生
   (動物資源開発研究センター センター長)
日時:2002年4月23日(火曜日)17:30〜
場所:遺伝子実験施設6階 講義室

履歴のトップ



第63回 CARDセミナー

演題:リンパ組織形成の分子機構
演者:松本 満 先生
   (徳島大学分子酵素学研究センター)
日時:2002年3月25日(木曜日)17:00〜
場所:遺伝子実験施設6階 講義室

履歴のトップ



第62回 CARDセミナー

演題:Tbx 遺伝子と器官形成(発生の進化、ゲノムの進化)
演者:小椋 利彦 先生
   (奈良先端科学技術大学院大学バイオサイエンス研究科)
日時:2002年3月14日(木曜日)17:00〜
場所:エイズ学研究センター・動物資源開発研究センターセミナー室(新棟2F)

履歴のトップ



第61回 CARDセミナー

演題:実験動物のHelicobacter感染
演者:大橋 弘明 先生
   (実験動物中央研究所)
演題:微生物モニタリング成績、2001
演者:伊藤 豊志雄 先生
   (実験動物中央研究所)
日時:2002年2月22日(金)15:30〜
場所:エイズ学研究センター・動物資源開発研究センターセミナー室(新棟2F)

履歴のトップ



第60回 CARDセミナー

演題:ヒト性分化異常−リサーチに今後期待すること
Human Sex Differentiation---Update and Future Research
演者:長谷川 行洋 先生
   (都立清瀬小児病院内分泌代謝科部長)
日時:2001年2月19日(火曜日)17:00〜
場所:エイズ学研究センター・動物資源開発研究センターセミナー室(新棟2F)

履歴のトップ



第59回 CARDセミナー

演題:新しい実験動物の開発
演者:土屋 公幸 先生
   (宮崎医科大学附属実験動物施設)
日時:2001年2月12日(火曜日)17:00〜
場所:エイズ学研究センター・動物資源開発研究センターセミナー室(新棟2F)

履歴のトップ



第58回 CARDセミナー

バイオベンチャーとCARD

演題:「CARDの構想」
演者:山村 研一 先生
   (動物資源開発研究センターセンター長)

演題:「九動(株)の事業活動概要 特に遺伝子改変マウス関連業務について」
演者:斉田 勝 氏
   (九動 株式会社)

演題:「セアック吉富の実験動物関連技術」
演者:池田 敬史 氏
   (セアック吉富 株式会社)

演題:「日本SLCにおけるTG関連業務について」
演者:淵上 勝野 氏
   (日本エスエルシー 株式会社)

演題:「バイオ研究支援におけるOYCグループと連携企業と当社の役割」
演者:渡邉 一貴 氏
   (株式会社 ケービーティーオリエンタル)

演題:「大学発ベンチャーの役割」
演者:山村 研一 先生
   (株式会社 ユージーン)

演題:「可変型遺伝子トラップ法による遺伝子破壊マウスの作製」
演者:鏡 良弘 氏
   (株式会社 トランスジェニック)

演題:「当機構における遺伝子改変マウス作製等に関わる現在と将来について」
演者:麻生 直 氏
   (財団法人 化学物質評価研究機構 安全性評価技術研究所)

演題:「KOマウス大規模生産におけるパナファームの役割」
演者:太田 浩 氏
   (株式会社 パナファーム・ラボラトリー)

演題:「アーク・リソースの現状と今後の展開について」
演者:井上 聖也 氏
   (アーク・リソース 株式会社)

日時:2002年1月31日(木曜日)17:00〜
場所:遺伝子実験施設6階 講義室

履歴のトップ


第57回 CARDセミナー

演題:The Fused Protein Kinase Regulates Hedgehog-stimulated Transcriptional activation in Drosophila Schneider 2 Cells.
演者:福元 隆浩 博士
   (神戸理研発生センター 高橋研究室)
日時:2002年1月18日(金曜日)17:00〜
場所:エイズ学研究センター・動物資源開発研究センター演習室(新棟5F)

履歴のトップ



第56回 CARDセミナー

演題:細胞の増殖・分化制御における Id2 の機能
演者:横田 義史 先生
   (福井医科大学生化学第一教室)
日時:2002年2月8日(金曜日)17:00〜
場所:エイズ学研究センター・動物資源開発研究センターセミナー室(新棟2F)

履歴のトップ



第55回 CARDセミナー

演題:糖尿病発症の分子機構
演者:荒木 栄一 先生
   (熊本大学医学部代謝内科学講座)
日時:2002年1月17日(木曜日)18:00〜
場所:エイズ学研究センター・動物資源開発研究センター演習室(新棟5F)

履歴のトップ



第54回 CARDセミナー

国際CARD シンポジウム CARD international symposium
日時:平成14年 1月11日 (金)  13:30−17:20
    場所:熊本大学動物資源開発研究センター(CARD)新館2Fセミナー室
13:30ー13:40 センター長開会の辞

◇各50分 (講演40分、質疑応答10分)

13:40ー14:30 「サルES細胞の樹立と再生医学研究―発生工学的手法の活用―」
滋賀医科大学医学部 附属動物実験施設 鳥居隆三先生

14:30ー15:20 「組織幹細胞の多様性と可塑性」
筑波大学基礎医学系 中内啓光先生

15:20ー15:35 休憩 

15:35ー16:25 「遺伝資源情報データバンクプロジェクト-SHIGEN-について」
国立遺伝学研究所 生物遺伝資源総合情報センター 山崎由紀子先生

16:25ー17:15 「Defects in cholesterol biosynthesis: Lessons for (dys)morphogenesis.」
CARD 客員教授;Tulane University,  Dr. Hans C. Andersson

17:15ー17:20 センター長閉会の辞

履歴のトップ



第53回 CARDセミナー

演題:器官形成はどこまで遺伝子の働きで分かるかーーニワトリ胚消化器官の研究を例にーー
演者:八杉 貞雄 先生
   (岡東京都立大学大学院理学研究科発生プログラム研究室)
日時:2002年1月21日(月曜日)17:00〜
場所:エイズ学研究センター・動物資源開発研究センターセミナー室(新棟2F)

履歴のトップ



第52回 CARDセミナー

演題:X染色体の癌抑制遺伝子、Myeloid ELF-1-like factor
演者:
甲斐広文 先生
   (熊本大学大学院薬学研究科)
日時:2002年1月21日(月曜日)17:00〜
場所:エイズ学研究センター・動物資源開発研究センターセミナー室(新棟2F)

履歴のトップ



第51回 CARDセミナー

演題:ヒト抗体をめぐる最近の話題
演者:杉村 和久 先生
   (鹿児島大学工学部生体工学科)
日時:2001年12月20日(木曜日)17:00〜
場所:エイズ学研究センター・動物資源開発研究センターセミナー室(新棟2F)

履歴のトップ



第50回 CARDセミナー

演題:転写伸張因子MENの機能解析
演者:牧 和宏 先生
   (独協医科大学血液内科)
日時:2001年9月18日(火曜日)17:00〜
場所:エイズ学研究センター・動物資源開発研究センター演習室(新棟5F)

履歴のトップ



第49回 CARDセミナー

演題:内分泌攪乱物質(環境ホルモン)問題が21世紀に問うたもの
演者:森 千里 先生
   (千葉大学大学院医学研究院環境生命医学)
日時:2001年11月6日(火曜日)17:00〜
場所:エイズ学研究センター・動物資源開発研究センターセミナー室(新棟2F)

履歴のトップ



第48回 CARDセミナー

演題:マイクロアレイによるエストロゲン依存性遺伝子の探索
演者:井口 泰泉 先生
   (国立共同研究機構 統合バイオサイエンスセンター)
日時:2001年11月5日(月曜日)17:00〜
場所:エイズ学研究センター・動物資源開発研究センターセミナー室(新棟2F)

履歴のトップ



第47回 CARDセミナー

演題:性の分化と成熟
演者:大山 建司 先生
   (山梨医科大学臨床看護学講座)
日時:2001年11月1日(木曜日)17:00〜
場所:エイズ学研究センター・動物資源開発研究センターセミナー室(新棟2F)

履歴のトップ



第46回 CARDセミナー

演題:腎細胞癌:治療の将来展望
演者:平尾 佳彦 先生
   (奈良県立医科大学泌尿器科学教室)
日時:2001年9月20日(木曜日)17:00〜
場所:エイズ学研究センター・動物資源開発研究センターセミナー室(新棟2F)

履歴のトップ



第45回 CARDセミナー

演題:膜結合型細胞増殖因子HB-EGFの作用機構の解析
演者:目加田 英輔 先生
   (大阪大学微生物病研究所 癌・発生研究部門発生遺伝学分野)
日時:2001年9月7日(金曜日)17:00〜
場所:エイズ学研究センター・動物資源開発研究センターセミナー室(新棟2F)

履歴のトップ



第44回 CARDセミナー

演題:ウイルス感染によって活性化誘導される遺伝子発現の分子生物学
演者:藤田 尚志 先生
   (財団法人東京都医学研究機構 東京都臨床医学研究所 腫瘍細胞研究部門)
日時:2001年9月11日(火曜日)17:00〜
場所:エイズ学研究センター・動物資源開発研究センターセミナー室(新棟2F)

履歴のトップ



第43回 CARDセミナー

演題:Role of stroma and hormones in prostatic carcinogenesis
演者:Prof. Gerald R. Cunha
   (Department of Anatomy, University of California San Francisco)
日時:2001年7月19日(木曜日)17:00〜
場所:エイズ学研究センター・動物資源開発研究センターセミナー室(新棟2F)

履歴のトップ



第42回 CARDセミナー

演題: The Long and Short of Cell-Cell Signaling during Limb Development
演者:Prof. Rolf Zeller
   (Dept. of Developmental Biology, University of Utrecht)
日時:2001年7月16日(月曜日)17:00〜
場所:エイズ学研究センター・動物資源開発研究センターセミナー室(新棟2F)

履歴のトップ



第41回 CARDセミナー

演題:各種実験小動物胚の凍結保存
演者: 持田 慶司 先生
   (国立感染症研究所)
演題:遺伝子改変マウスを用いた神経遺伝病(β-ガラクトシダーゼ欠損症)の研究
演者:松田 潤一郎 先生
   (国立感染症研究所)
日時:2001年6月13日(水)17:00〜
場所:エイズ学研究センター・動物資源開発研究センターセミナー室(新棟2F)

履歴のトップ



第40回 CARDセミナー

演題:Animal Models: Concepts and Approaches to Characterization of Mutant Laboratory Mice
演者:Dr. John P. Sundberg
   (Senior Staff Scientist, The Jackson Laboratory)
日時:2001年6月11日(月曜日)17:00〜
場所:エイズ学研究センター・動物資源開発研究センターセミナー室(新棟2F)

履歴のトップ



第39回 CARDセミナー

演題:ガレクチン9/エカレクチンの基礎と臨床応用 -特にガンの転移予後診断と抗ガン剤として-
演者:平島 光臣 先生
   (香川医科大学医学部免疫病理学講座)
日時:2001年6月18日(月曜日)14:00〜
場所:エイズ学研究センター・動物資源開発研究センターセミナー室(新棟2F)

履歴のトップ



第38回 CARDセミナー

演題:Desert hedgehog遺伝子変異による新しい神経疾患の発見:ノックアウトマウスからヒトへ
演者:梅原 藤雄 先生
   (鹿児島大学医学部第三内科)
日時:2001年6月14日(木曜日)17:00〜
場所:エイズ学研究センター・動物資源開発研究センターセミナー室(新棟2F)

履歴のトップ



第37回 CARDセミナー

演題:実験動物と麻酔
演者:森本 正敏 先生
   (佐賀医科大学医学部附属動物実験施設)
日時:2001年4月26日(木曜日)13:00〜14:20
場所:熊本大学医学部臨床第一講義室

履歴のトップ



第36回 CARDセミナー

日時:2001年4月27日(金)15:30〜
場所:CАRD新館2階セミナー室

<演者及び演題>
Dr. Jun Motoyama(理化学研究所脳科学総合研究センター)
Mutual surpression of the Ptch1 , Gli2 and Gli3 phenotypes
in the developing neural tube.

Dr. Chi-chung Hui (The Hospital for sick children,University of Toronto)
Roles of Gli transcription factors in Sonic hedgehog signal transduction.

履歴のトップ



第35回 CARDセミナー

演題:HGFの活性化機構
演者:片岡 寛章 先生
   (宮崎医科大学病理学第2講座)
日時:2001年2月22日(木曜日)18:00〜
場所:エイズ学研究センター・動物資源開発研究センターセミナー室(新棟2F)

履歴のトップ



第34回 CARDセミナー

演題:BMPシステムの個体レベルにおける機能解析;コンディショナルノックアウトを用いた組織特異的機能解析(仮題)
演者:Dr. Yuji Mishina
   (NIEHS, North Carolina)
日時:2001年3月28日(水曜日)17:00〜
場所:エイズ学研究センター・動物資源開発研究センターセミナー室(新棟2F)

履歴のトップ



第33回 CARDセミナー

演題:Wntシグナルによるマウス形態形成の制御機構
演者:高田 慎治 博士
   (京都大学理学部分子発生生物学研究センター)
日時:2001年2月13日(火曜日)17:00〜
場所:エイズ学研究センター・動物資源開発研究センターセミナー室(新棟2F)

履歴のトップ



第32回 CARDセミナー

演題:ニワトリを用いたヒト二分脊椎症モデル動物の開発
演者: 樅木 勝巳 先生
   (愛媛大学医学部附属動物実験施設 助手)
演題:1型糖尿病自然発症モデル(NOD)マウス糖尿病発症に関する研究
演者:大杉 剛生先生
   (CARD病体遺伝分野 助教授)
日時:2001年2月2日(金)17:00〜
場所:エイズ学研究センター・動物資源開発研究センターセミナー室(新棟2F)

履歴のトップ



第31回 CARDセミナー(第3回COE国際シンポジウムと共催)

演題:ポリトピック型膜蛋白質バンド3の機能構造形成

演者: 佐藤 隆 先生
   (九州大学大学院臨床分子医学教室)

演題: Bcl-2関連遺伝子EATの機能

演者: 大喜多 肇 先生
  (慶応義塾大学医学部病理学教室)

演題: 新規胎仔治療法の開発のための基礎検討 子宮内操作法 によるラット胎仔肝への遺伝子導入ならびに細胞移植

演者: 三谷 匡 先生
  (徳島大学分子酵素学研究センター情報細胞学部門)

日時:2001年1月23日(火曜日)15 :00〜
場所:エイズ学研究センター・動物資源開発研究センターセミナー室(新棟2F)

履歴のトップ



第30回 CARDセミナー

International Symposium(第30回CARDセミナー)
〜Molecular mechanisms of organogenesis〜



日時:平成12 (2000) 年12月4日(月)13:30-17:30
場所:熊本大学医学部内 CARD新館2階セミナー室

・各55分 (講演45分、質疑応答10分)

<Limbs and fins>
13:30-14:25
"Sonic hedgehog signaling in developing and regenerating fins of zebrafish"
Dr. Marie-Andree Akimenko (Loeb Health Research Institute, Canada)

14:25-15:20
"Evolutional aspects of limb/fin development"
Dr. Koji Tamura (Tohoku University)


------15:20-15:40 休憩------


<Gene regulation of organogenesis>
15:40-14:35
"Role of intergenic enhancers in the coordinated expression of Dlx homeobox genes in zebrafish and mice"
Dr. Marc Ekker (Loeb Health Research Institute, Canada)

16:35-17:30
"Roles of Gli proteins in regulation of Shh target genes"
Dr. Hiroshi Sasaki (Osaka University)


履歴のトップ



第29回 CARDセミナー

演題:New insights into the role of retinoid signaling in vertebrate development
演者:Dr. Bruce Blumberg
   Developmental Biology Center
   University of California, Irvine
日時:11月15日(水曜日)16:30 〜
場所:遺伝子実験施設6階講義室

履歴のトップ



第28回 CARDセミナー

演題:The role of vega homeobox genes in organizer formation
演者:Dr. Atsuo Kawahara
  Laboratory of Molecular Genetics (LMG)
  National Institute of Child Health and Human   Development (NICHD)
  National Institute of Health (NIH)
日時:10月6日(金曜日)17:30 〜 
場所:エイズ学研究センター・動物資源開発研究センターセミナー室(新棟2F)

履歴のトップ



第27回 CARDセミナー


International Symposium(第27回CARDセミナー)
日時:平成12 (2000) 年10月2日(月)13:30−17:20
場所:熊本大学動物資源開発研究センター(CARD)  新館2Fセミナー室

◇各50分 (講演40分、質疑応答10分)

座長:山田源
13:40ー14:30
「Tyrosine kinase receptors and mammary carcinomas:
Lessons from men and transgenic mice」
CARD 客員教授;University Hospital Charite,
Humboldt University, Berlin Prof. Franz Theuring

14:30ー15:20
  「リボソーム蛋白Rpl38遺伝子変異によるマウス中軸骨格系形成異常」
  国立遺伝学研究所 城石俊彦教授


------15:20ー15:35 休憩------


座長:浦野徹
15:35ー16:25
「生殖生理におけるスカベンジャー受容体(SR-A I/II)の機能」
中外製薬 富士御殿場研究所 鈴木宏志博士

16:25ー17:15
「遺伝子機能発現に及ぼす腸内菌叢の影響」
東京大学農学部 伊藤喜久治助教授




履歴のトップ



第26回 CARDセミナー

演題:癌、先天代謝疾患への遺伝子治療とHGF遺伝子治療
演者:小財 健一郎 博士
   (久留米大学先端癌治療研究センター 細胞発生工学、外科、小児科)
日時:9月21日(木)17時〜
場所:エイズ学研究センター・動物資源開発研究センターセミナー室(新棟2F)

履歴のトップ



第25回 CARDセミナー

演題:中国における実験動物学について
   湯 家銘 教授(上海医科大学実験動物部 部長)
演題:中国科学院における生命科学研究および実験動物学の現状
   徐 平 助教授(中国科学院上海実験動物センター センター長)
日時:9月7日(木)午後4時〜
場所:エイズ学研究センター・動物資源開発研究センターセミナー室(新棟2F)

履歴のトップ



第24回 CARDセミナー

演題:高脂血症と動脈硬化発症
演者:北 徹 教 授
   京都大学 医学部 大学院 臨床生体統御医学 成人老年病病態学
日時:10月30日(月)17時〜
場所:エイズ学研究センター・動物資源開発研究センターセミナー室(新棟2F)

履歴のトップ



第23回 CARDセミナー

演題:サイトカインのシグナル伝達機構と抑制機構
演者:吉村 昭彦教授
   久留米大学 分子生命科学研究所 遺伝情報研究部門
日時:7月25日(火曜日)17時〜
場所:CARD新館2Fセミナー室

履歴のトップ



第22回 CARDセミナー

演題:細胞増殖因子による初期胚のパターニング
演者:上野 直人教授
   (岡崎国立共同研究機構 基礎生物学研究所 形態形成研究部門)
日時:4月20日(木)17時〜19時
場所:遺伝子実験施設6階

履歴のトップ



第21回 CARDセミナー

演題:ウイルス感染症における人間社会と野生動物との関わり
演者:甲斐知恵子教授
   (東京大学医学研究科実験動物研究施設)
日時:4月21日(金)13:00〜14:20
場所:熊本大学 臨床第一講義室

履歴のトップ



第20回 CARDセミナー

演題:ネズミの精子を凍らせる
演者:越本 知大 先生
   (宮崎医科大学医学部付属動物実験施設 助手)
日時:4月3日(月)午後5時から
場所:遺伝子実験施設6階

履歴のトップ



第19回 CARDセミナー

演題:マウス分子遺伝学の新世紀(仮題)
演者:城 石 俊 彦 先 生
日時:3月3日(金曜日)16時〜17時30分
場所:遺伝子実験施設6階

履歴のトップ



第18回 CARDセミナー

演題:マウスの手相が語るもの
   --催奇形因子は遺伝子を介して形態を変化させるのか?---
演者:津金 瑞代 先生 
日時:2月25日(金曜日)16時〜18時
場所:遺伝子実験施設6階

履歴のトップ



第17回 CARDセミナー

演題:Function and regulation of the transcription factor Oct-4
    in the mammalian germline
演者:Dr. Hans R. Schoeler
  :The Marion Dilley and David George Jones Chair in Reproduction Medicine
   University of Pennsylvania
   New Bolton Center
   Center for Animal Transgenesis and Germ Cell Research
日時:2月17日(木)16:30〜
場所:遺伝子実験施設6階

履歴のトップ



第16回 CARDセミナー

演題:マウス着床前初期胚の発生制御の分子機構の解析
   :胚性遺伝子の活性時期の同定と
   1細胞期胚で発現する胚性遺伝子群の解析
演者:松本和也先生(近畿大学生物理工学部・講師)
日時:2月4日(金)17:00〜
場所:F棟1階セミナー室

履歴のトップ



第15回 CARDセミナー

演題:実験小動物の感染症統御 ─その問題点を探る─
演者:鍵山直子先生(ノバルティスファーマM筑波研究所)
場所:熊本大学総合情報処理センター・SCS教室(4階)(黒髪キャンパス) 熊本市黒髪2-39-1 
日時:平成12年1月14日(金) 14:30〜16:00