熊本大学 生命資源研究センター 動物資源開発研究部門
| 日本語 | English |
動物資源開発研究部門(CARD) > 研究室 > 資源開発分野

資源開発分野 Division of Reproductive Engineering

Photo

凍結精子を用いて体外受精して得られた2細胞期胚を旭川医科大学へ冷蔵輸送し、仮親へ移植して産まれた仔マウス



オンラインマニュアル

研究業績

学会発表(演題のみ)

R-BASE

English Page


研究目的

生殖工学に関する基礎的研究、遺伝子改変マウスの胚・精子の保存、供給およびデーターベース(R-BASE)の構築、ならびにこれら技術の教育・訓練を行う。

研究課題

   1)研究
    (1)マウス胚および精子の凍結保存に関する研究
    (2)マウス胚・精子バンクシステムの開発
    (3)新しい生殖工学技術の開発

   2)教育
    (1)生殖工学技術(体外受精、胚・精子の凍結保存、胚移植)の教育
    (2)教育:医学教育部医科学専攻--修士生4名、薬学部薬学科・創薬生命薬科学科--7名在籍

スタッフ

  教授 中潟直己(nakagataPhotogpo.kumamoto-u.ac.jp)
  講師 竹尾 透 (takeoPhotogpo.kumamoto-u.ac.jp)



Center for Animal Resources & Development,
Kumamoto University,
TEL:096-373-6570 FAX:096-373-6566