熊本大学 生命資源研究・支援センター 動物資源開発研究部門
| 日本語 | English |
動物資源開発研究部門(CARD) > 研究室 > 資源開発分野 > 実験動物関係教職員高度技術研修 > 生殖工学技術研修 in 東京 2014 -凍結精子を用いたマウス体外受精を中心として-

生殖工学技術研修 in 東京 2014 -凍結精子を用いたマウス体外受精を中心として-


実験動物中央研究所にて、「生殖工学技術研修 in 東京 2014」が開催されました。

未受精卵の凍結保存やJackson法で凍結した精子をCARD法で体外受精するなど、新しい研修内容も盛り込み、大好評でした。

第1日目 2月25日(火)

8:30~8:45 受付
8:45~9:00 挨拶・お知らせ
9:00~12:00 実習:CARD法による精子の凍結保存および凍結精子の体外受精
12:00~13:00 昼食・休憩、記念写真
13:00~15:00 実習:マウスピース・キャピラリー作製、胚操作の練習、卵子の洗浄
15:00~16:30 講義:「マウスにおける生殖工学技術」
中潟 直己
16:30~17:30 実習:卵子の観察

第2日目 2月26日(水)

9:00~11:00 実習:Jackson法により凍結した精子を用いた体外受精
*Jackson・IVFとCARD・IVF法の比較
11:00~12:00 実習:2細胞期胚(CARD法由来)のカウント
12:00~13:00 昼食・休憩
13:00~16:00 実習:胚の冷蔵保存、卵子の洗浄、精管結紮雄の作製
16:00~17:00 実習:卵子の観察

第3日目 2月27日(木)

9:00~9:30 実習:2細胞期胚(Jackson・IVFとCARD・IVF法由来)のカウント
9:30~12:00 実習:2細胞期胚と未受精卵の凍結保存
12:00~13:00 昼食・休憩
13:00~14:30 実習:凍結胚と未受精卵子の融解
14:30~18:00 実験動物中央研究所内見学
講義:「ラット初期胚の採取とその超低温保存の現状」(江藤 智生)
講義:「熊本大学CARDにおけるマウス体外受精技術の開発」(竹尾 透)
講義:「発見のためのアルゴリズム3カ条」(中潟 直己)
18:30~ 懇親会

第4日目 2月28日(金)

9:00~9:30 実習:冷蔵胚の回収
9:30~11:30 実習:卵管内胚移植
11:30~12:00 研修成果の講評およびまとめ
(共催)熊本大学生命資源研究・支援センター動物資源開発研究部門 (CARD)
(共催)公益財団法人実験動物中央研究所
(協力)日本実験動物技術者協会関東支部