動物施設の建物について


動物資源開発研究施設では、二つのビルで動物を飼育し、管理しています。
4階建ての本館と10階建ての新館(建物の5階から10階部分)です。(地図


特徴

2つの建物の特徴は、以下の表の通りです。

  本 館 新 館
動物の健康管理 有り
動物の飼育管理 有り
動物の飼育経費 動物種により異なる (詳細
実験動物種 各種取扱 (詳細 マウスのみ
病原微生物コントロール 動物種による SPF
施設詳細 動物飼育室
手術室
実験室
(分析機器など)
動物飼育室
施設利用登録 どちらか一方のみ
利用登録料 一律料金


本館では様々な動物を飼う事が可能で、獣医師の詳細なアドバイスを受ける事が出来ます。
新館では大量のクリーンなマウスや様々な遺伝子改変マウスをマウスバンクから得る事が出来ます。


NEWS


  • 新システム
  • 新システム
  • 新システム
  • 新システム
  • 新システム
  • 新システム
  • 新システム
  • 新システム
飼育申し込みシステム
動物実験を開始
動物施設の使用
遺伝子改変動物の取り扱い
料金モデル
マウス繁殖方法
動物の飼育
健康の管理
ダウンロード

遺伝子改変マウス作製
微生物品質検査
マウスバンク

遺伝子実験施設
IRDA
熊本大学

熊本大学
生命資源研究・支援センター
動物資源開発研究施設(CARD)

〒860-0811
熊本県熊本市中央区本荘2-2-1
TEL  :096-373-6550
FAX  :096-373-6552
Email :mimura(a)kumamoto-u.ac.jp
窓口担当:井村
連絡先一覧(学内)

お問い合わせ

旧ページ

© 2015 Center for Animal Resources and Development