動物実験計画書の提出


 熊本大学内で実施されるすべての動物実験は、動物実験委員会に実験計画書が提出され、内容の検査と承認を受けなければなりません。



計画書の作製

 熊本大学内で動物を用いた実験をしようとする研究者は、動物実験計画書(wordファイル)に必要事項を記入し提出してください。

 2年ごとに計画書の内容が見直されます。
 2年以上動物実験を継続している場合は、新たに計画書を作成し提出してください。



計画書の提出

 作製した計画書は、動物実験委員会 事務局へ提出してください。

doubutsu-jimukumamoto-u.ac.jp
 ->連絡先一覧(学内)



動物実験計画書番号の配布

 動物実験計画書の内容が審査され承認されると、動物実験計画書番号が入手できます。
 動物施設で動物を飼育するための動物の発注/購入のときに使用します。



遺伝子改変動物を用いる場合

 遺伝子改変動物を用いる場合は、動物実験計画書の作製・提出とは別に、こちらを参照して各種手続きを済ませてください。



NEWS


  • 新システム
  • 新システム
  • 新システム
  • 新システム
  • 新システム
  • 新システム
  • 新システム
  • 新システム
飼育申し込みシステム
動物実験を開始
動物施設の使用
遺伝子改変動物の取り扱い
料金モデル
マウス繁殖方法
動物の飼育
健康の管理
ダウンロード

遺伝子改変マウス作製
微生物品質検査
マウスバンク

遺伝子実験施設
IRDA
熊本大学

熊本大学
生命資源研究・支援センター
動物資源開発研究施設(CARD)

〒860-0811
熊本県熊本市中央区本荘2-2-1
TEL  :096-373-6550
FAX  :096-373-6552
Email :mimura(a)kumamoto-u.ac.jp
窓口担当:井村
連絡先一覧(学内)

お問い合わせ

旧ページ

© 2015 Center for Animal Resources and Development