資源開発分野

マウスバンク

生殖工学技術研修会

IRDA
熊本大学

精巣上体尾部の低温輸送



材料

  1. 成熟雄マウス
  2. ハサミ 解剖用(夏目製作所 小直剪刀 Cat.No.B-12)
  3. ピンセット 解剖用(夏目製作所 尖鋭ピンセット Cat.No.A-45)
  4. オートクリップアプライヤー(日本ベクトン・ディッキンソン Cat.No.427630)
  5. オートクリップ(日本ベクトン・ディッキンソン Cat.No.427631)
  6. 麻酔薬
  7. ヒーター
  8. ボタン型温度記録計(KNラボラトリーズ 温度データロガー サーモクロンGタイプ)
  9. 0.2 mL チューブ(冷蔵保存液入り)
  10. CARD冷蔵輸送キット
    • 綿
    • 紙箱
    • 魔法瓶
    • 保冷剤(小)
    • 保冷剤(大)
    • 発泡スチロール箱
*ボタン型温度記録計、0.2 mLチューブ(冷蔵保存液入り)およびCARD冷蔵輸送キットは、あらかじめ4~8°Cの冷蔵庫に保管しておき、使用する直前に取り出して、手早く梱包作業を行う。


方法

片側精巣上体尾部の採取

術前に、全ての解剖器具をアルコール消毒する。

1 雄マウス(12週齢以上)に麻酔をかけ、あお向けにする。
2 陰嚢周辺をアルコール綿で消毒する(消毒後、陰嚢が膨れていない場合は、精巣が腹腔側にずれている可能性があるので、下腹部を指で軽く押して、精巣を陰嚢内に戻す)。
3 片方の陰嚢を切開し、精巣上体尾部を体外に露出させる。


4 精管と精巣上体体部を切断して、精巣上体尾部を採取する。(尾部に付着した血液や脂肪を完全に除去しなくても、輸送に影響は無い)


[採取された精巣上体尾部と脂肪塊]

*精巣上体尾部は、その内部に細い管(精巣上体管)が複雑に折りたたまれている構造をしている。
よく観察し、他の臓器と間違えないよう注意する。

[麻酔下における精巣上体尾部の採取]
ポイント:尾部を引き出すときは、尾部に付着した脂肪塊をつまんで操作し、 尾部を傷つけないようにする。
精巣を体内に戻すときは、切開した筋層をつまんで操作し、精巣を傷つけないようにする。



5 切開した皮膚をオートクリップで止める(縫合糸でも代用可能)。
 *2個の精巣上体尾部を摘出する場合は、3~5の手順でもう片方も同様に採取する。
6 ヒーターの上にマウスをあお向けに寝かせ、麻酔から覚醒するまで保温する。
 *片方の精巣上体尾部を摘出した場合は、術後1週間に雌マウスと交配させることが可能である。




精巣上体尾部の冷蔵輸送

1 冷蔵庫から0.2 mL チューブ(冷蔵保存液入り)を取り出し、採取した精巣上体尾部を保存液中に沈めて、0.2 mL チューブのフタ部分をパラフィルムで巻く。



2 紙箱に0.2 mL チューブおよびボタン型温度記録計を入れ、綿をかぶせてフタをする。




3 魔法瓶に紙箱を入れる。



4 魔法瓶に保冷剤(小)を2個入れる。



5 魔法瓶のキャップを締める。



6 キャップをしっかり締めたことを確認後、発泡スチロール箱の中に保冷剤(大)を敷き、魔法瓶を入れる (このとき、魔法瓶の中の0.2 mL チューブが、逆さまにならないように気をつける)。
続いて、両サイドおよび上部に保冷剤(大)を入れ、発泡スチロール箱のフタをガムテープでしっかり固定する。



7 宅配便で発送するまで、発泡スチロール箱ごと冷蔵庫内で保管する。
8 宅配便(冷蔵)で発送する(最大72時間保存可能)。


更新履歴