資源開発分野

マウスバンク

生殖工学技術研修会

IRDA
熊本大学

冷蔵輸送された精巣上体尾部の取り出し



材料

  1. CARD冷蔵輸送キットにより輸送されたマウス精巣上体尾部
  2. FERTIUP®-精子前培養培地(九動株式会社 fertiup(at)kyudo.co.jp)
  3. mHTF
  4. オートピペッター(GILSON PIPETMAN P-200)
  5. イエローチップ(ビーエム機器 Cat.No.110-96R)
  6. 流動パラフィン(ナカライテスク Cat.No.26137-85)
  7. ディッシュ(コーニング 35mm X 10mm Cat.No.430588)
  8. ハサミ 解剖用(夏目製作所 小直剪刀 Cat.No.B-12)
  9. ピンセット 解剖用(夏目製作所 尖鋭ピンセット Cat.No.A-45)
  10. 濾紙
  11. CO2インキュベーター(37°C 5% CO2 95% air)


方法

1 精巣上体尾部を取り出す30分前に、精子前培養用ディッシュ(100µLのFERTIUP®-精子前培養培地ドロップ1個)を作製し、インキュベーター内に静置する。


2 発泡スチロール箱から魔法瓶を取り出し、その中の紙箱から、精巣上体尾部が入った0.2 mL チューブを取り出す。



3 0.2 mL チューブのふたを開け、精巣上体尾部をろ紙上に取り出し、保存液を拭う。
  *余分な脂肪・組織・血液が付着している場合は、ハサミ・ピンセットを用いて取り除く。


4 精巣上体尾部を洗浄用ディッシュのmHTFドロップで3回洗浄後、ろ紙でmHTFを拭う。
  *洗浄用ディッシュ(約100µLのmHTFドロップ3個)は、精巣上体尾部を取り出す直前に作製する。


5 精巣上体尾部を、精子前培養用ディッシュの流動パラフィン中に沈める。


6 精巣上体尾部より精子を採取し、体外受精に供する。精子の採取と体外受精は、新鮮精子を用いた体外受精と同様に行う。
ポイント:精巣上体尾部に切れ込みを入れて精子塊を採取するとき、精子塊が露出しにくい場合は、再度切り込みを入れ、出来るだけ多くの精子を採取する。
注意:冷蔵精子に用いる受精用培地(CARD MEDIUM)の調整方法は、新鮮精子を用いた体外受精と異なるので、受精用培地の取扱説明書をよく読み、受精用ディッシュの準備を行うこと。


更新履歴