ご案内

 熊本大学生命資源研究・支援センター 動物資源開発研究施設(CARD)では、マウスバンクシステムを運営しております。
 本システムでは、マウスの胚・精子を液体窒素下に凍結保存し、必要時にそれらからマウス個体を作製しております。これにより、基礎医学・生命科学研究などで多用される遺伝子改変マウス等の系統保存と簡便な輸送が可能になります。

 本システムは、熊本大学だけでなく広く国内外で利用できるものです。





ご利用

 原則無料でマウス系統を保存してその情報を公開する公開マウスバンクシステムと、有料でマウス系統を保存し外部へ公開しない有償マウスバンクシステムをご利用いただけます。

公開マウスバンク   有償マウスバンク





利点

  1. マウスを飼育する必要がなく、維持経費を削減できる

  2. 病原微生物に感染しない

  3. 病原微生物に感染したマウスを清浄化できる
    • 体外受精を経て得られた胚をクリーンなマウスに移植し
      病気に感染したマウスを清浄化できる

  4. マウスコロニーの移動が簡単 (マウスの輸送について を参照)
    • 海外留学先や共同研究者に凍結胚・精子を輸送しマウスを作製すれば、世界中のどこでもマウス実験ができる
    • 世界中で保存された遺伝子改変マウスの凍結胚・精子を入手してマウスを作製し実験ができる

  5. 災害発生時のバックアップとなる

  6. 突然変異が起こらない

  7. 適正な数の動物のみを飼育する事で、動物実験における3R ( Replacement, Reduction, Refinement ) に貢献できる


    -->詳細

NEWS




  • 概要
  • データベース
  • 保存
  • 入手
  • 料金
  • 概要
  • 保存
  • 入手
  • 料金
マウスの輸送
遺伝子改変マウスの輸送
微生物学的検査品質管理
実績
R-BASE
FIMRe
  • マウス
  • マウス入手
  • マウス
  • マウス増産
  • マウス
  • マウス清浄化
contribution
研修会
manual
Reproduction
CARD
IRDA
熊本大学

熊本大学
生命資源研究・支援センター
動物資源開発研究施設(CARD)
資源開発分野

〒860-0811
熊本県熊本市中央区本荘2-2-1
TEL  :096-373-6575
FAX  :096-373-6566
Email :card(a)kumamoto-u.ac.jp
窓口担当:岩本
メンバー

お問い合わせ

トップページ 活動について 地図 メンバー 研究活動

マウスバンク 公開マウスバンク 有償マウスバンク 技術と貢献
微生物学的検査 保存 保存 開発・応用・普及
保存系統の品質管理 入手 入手 技術研修会
マウス等の輸送 料金 料金 海外研修会
業務実績 情報公開 応用 共同研究
規則 用語   FIMRe
  遺伝子改変マウスの命名法   科研費「新学術領域研究」
  遺伝子などの命名   NBRP
      ゲノム編集

© 2015 Center for Animal Resources and Development