共同研究

 熊本大学マウスバンクでは、生殖工学技術を応用したマウス繁殖等に関する以下のような問題解決を行っています。
 様々な分野の研究者との共同研究として、これらの支援活動を行っています。


マウスの作製

 公開マウスバンクに保存されているマウス ( R-BASE ) と研究者が作製したマウスをかけあわせる事で、新たなマウス系統を作製しています。
 現在進行中のプロジェクトです(2015年4月)。



マウスの清浄化

 病原微生物に汚染された他動物実験施設のマウスを、大量に清浄化いたしました。
 30系統以上のマウスの精巣上体尾部または凍結精子を熊本大学にお送りいただき、遺伝的背景が同じ系統の♀マウスから採取した卵子と体外受精を行いました。

 体外受精により得られた2細胞期胚をクリーンな仮親マウスに移植し、クリーンな子マウスを約600匹作製して共同研究者にお送りしました(2014年)。



マウスの繁殖

 妊娠に問題を抱えるマウスや自然交配できないマウスなどの繁殖を行ってきました。
  1. uPA-NOGマウス
    • 成果:
      uPA-NOGマウスは超免疫不全マウスであり様々な応用が期待されるが、雌が妊娠中に浮腫を呈し産子を効率的に作製することができない。
      しかし、体外受精して得られた胚を凍結保存しておき、融解した胚を別系統の健康な母マウスに移植する事で、問題無く子マウスを得る事が出来た。
    • 発表:
      場所:2011年 日本実験動物技術者協会 総会
      演題:体外受精・胚移植によるuPA-NOGマウスの増産
      演者:浦川ら
      詳細:http://jaeat2011.umin.jp/program/program.pdf

  2. dbホモマウス
    • 成果:
      dbホモマウスは、若週齢から肥満、過食および高血糖の状態を呈する突然変異系のインスリン非依存型(II型)糖尿病モデル動物であるが、自然交配では産子を効率的に作製することができなかった。
      しかし、今回の実験で、体外受精で得られた2細胞期胚を凍結保存し凍結胚から産子を作製可能である事を確認した。
      このことで、自然交配が難しい系統においても、凍結胚を大量にストックし一度に融解して移植することで日齢のそろった産子を大量に作製する事が可能であることが示唆された。
    • 発表:
      場所:2011年 日本実験動物学会総会
      演題:体外受精・胚移植を利用したdbホモマウスの効率的な増産
      演者:竹下ら
      詳細:http://jglobal.jst.go.jp/public/20090422/201102286182616797



成果

 これまでに共同研究によって得られた成果については、こちらをご参照ください。





NEWS




  • 概要
  • データベース
  • 保存
  • 入手
  • 料金
  • 概要
  • 保存
  • 入手
  • 料金
マウスの輸送
遺伝子改変マウスの輸送
微生物学的検査品質管理
実績
R-BASE
FIMRe
  • マウス
  • マウス入手
  • マウス
  • マウス増産
  • マウス
  • マウス清浄化
contribution
研修会
manual
Reproduction
CARD
IRDA
熊本大学

熊本大学
生命資源研究・支援センター
動物資源開発研究施設(CARD)
資源開発分野

〒860-0811
熊本県熊本市中央区本荘2-2-1
TEL  :096-373-6575
FAX  :096-373-6566
Email :card(a)kumamoto-u.ac.jp
窓口担当:岩本
メンバー

お問い合わせ

トップページ 活動について 地図 メンバー 研究活動

マウスバンク 公開マウスバンク 有償マウスバンク 技術と貢献
微生物学的検査 保存 保存 開発・応用・普及
保存系統の品質管理 入手 入手 技術研修会
マウス等の輸送 料金 料金 海外研修会
業務実績 情報公開 応用 共同研究
規則 用語   FIMRe
  遺伝子改変マウスの命名法   科研費「新学術領域研究」
  遺伝子などの命名   NBRP
      ゲノム編集

© 2015 Center for Animal Resources and Development