公開マウスバンクにおける情報公開について

 公開マウスバンクシステムは公共の研究資源収集・配布事業として運営されているため、保存されているマウス系統は、原則として世界中の研究者に情報が公開され、利用されることが可能です。


情報公開

 保存マウス系統を広く利用していただくため、それらに関する情報を整頓し、R-BASEというサイト上に公開しています。
 さらに、世界中の遺伝子改変マウス等の情報を保持しているサイトInternational Mouse Strain Resource (IMSR) にデータを送付し、保存されたマウス系統の利用価値向上に努めております。
R-BASE


IMSR



公開への同意

 公開マウスバンクでマウスを保存しようとする研究者は、情報公開に関する同意・承諾の意思を申し込み書類の中でお示しください。(当該マウスを使用する共同研究者のみにマウスを渡す、などの条件設定が可能です)

 マウスを入手しようとする研究者は、当該マウス系統について公開に関する条件設定がないか R-BASE 上で確認してください。条件設定がある場合は、マウス系統の保存を依頼した研究者と協議し同意を得た上で、マウスを入手する事が出来ます。




情報の確認

 凍結保存されたマウス胚・精子を一部使用してマウスを作製し、PCRにより導入遺伝子の確認を行っています。
 マウス系統の保存依頼者は、PCRのための情報およびプライマー等をご供与ください。



NEWS




  • 概要
  • データベース
  • 保存
  • 入手
  • 料金
  • 概要
  • 保存
  • 入手
  • 料金
マウスの輸送
遺伝子改変マウスの輸送
微生物学的検査品質管理
実績
R-BASE
FIMRe
  • マウス
  • マウス入手
  • マウス
  • マウス増産
  • マウス
  • マウス清浄化
contribution
研修会
manual
Reproduction
CARD
IRDA
熊本大学

熊本大学
生命資源研究・支援センター
動物資源開発研究施設(CARD)
資源開発分野

〒860-0811
熊本県熊本市中央区本荘2-2-1
TEL  :096-373-6575
FAX  :096-373-6566
Email :card(a)kumamoto-u.ac.jp
窓口担当:岩本
メンバー

お問い合わせ

トップページ 活動について 地図 メンバー 研究活動

マウスバンク 公開マウスバンク 有償マウスバンク 技術と貢献
微生物学的検査 保存 保存 開発・応用・普及
保存系統の品質管理 入手 入手 技術研修会
マウス等の輸送 料金 料金 海外研修会
業務実績 情報公開 応用 共同研究
規則 用語   FIMRe
  遺伝子改変マウスの命名法   科研費「新学術領域研究」
  遺伝子などの命名   NBRP
      ゲノム編集

© 2015 Center for Animal Resources and Development