マウスバンクの応用

 有償マウスバンクを利用して、以下の事が出来ます。
 料金の詳細については、こちらをご参照ください。


世界中のマウスを入手

 世界中のどのような方法で凍結された胚・精子からでも、マウスを作製いたします。
 主なマウスバンクは、こちらをご参照ください。

 凍結胚からのマウス作製:33,480円、凍結精子からのマウス作製:111,256円 で作業を行いますが、得られる凍結胚・凍結精子の量と質、入手したいマウスの数により料金が変わります。

 詳細は窓口までご相談ください。



マウスの大量作製

 遺伝的背景が同系統の市販♀を大量に購入し、凍結保存された精子と体外受精させ大量の胚を得ます。それら胚を仮親マウスに移植し、仔マウスを得ます。
  実際の作業方法についての技術マニュアルはこちらをご参照ください。

 大量作製には、以下のような利点があります。
  • 独自開発した超過剰排卵誘起法により高効率に卵子を得て、大量の仔マウスを作製する事が可能
  • 管理されたスケジュール下での胚凍結-胚融解-胚移植による計画的な仔マウス作製が可能
  • 日齢のそろった数十匹の仔マウスを一斉に作製可能
  • ホモ♀に超過剰排卵誘起をおこなえば、日齢のそろった数十匹のホモの仔マウスが作製可能
  • へテロ個体由来の精子と卵子の組み合わせで、ホモ・ヘテロ・ワイルドの大量の仔マウス作製が自由自在
 凍結精子からのマウス作製:111,256円 で作業を行いますが、入手したいマウスの数・種々の作業ケースにより料金が変わります。
 詳細は窓口までご相談ください。


汚染マウスの清浄化

 病気に感染したマウスから採取した精子・未受精卵子を使用し体外受精し、得られた胚をクリーンな仮親マウスに移植する事で、病気に感染していない仔マウスを得ることが出来ます。

 凍結胚を作製する料金:112,320円 と、凍結胚からのマウス作製:33,480 円 を合計した145,800円 で作業を行います。

 得られたマウスの病原微生物検査項目については、こちらをご参照ください。
マウス清浄化




ゲノム編集技術への応用

 近年、ゲノム編集技術の発展により、遺伝子改変マウスの作製は簡便化しています。

 マウス受精卵を用いたゲノム編集についての研究は盛んに行われており、マウス受精卵へのマイクロインジェクションやエレクトロポレーションにより、様々な遺伝子改変マウスの作製が可能な時代となりました。
当センターでは、ゲノム編集にて遺伝子改変マウス作製を考えておられる研究者に向けた、凍結受精卵作製サービスを開始致しました。

 現在、所有されている遺伝子改変マウスに新規のノックアウト変異やtag配列導入等をお考えの方、floxマウスやノックインマウスの作製をお考えの方は是非、本サービスをご利用ください。

 凍結胚を作製する料金:112,320円 で作業を行います。

マウス清浄化










NEWS




  • 概要
  • データベース
  • 保存
  • 入手
  • 料金
  • 概要
  • 保存
  • 入手
  • 料金
マウスの輸送
遺伝子改変マウスの輸送
微生物学的検査品質管理
実績
R-BASE
FIMRe
  • マウス
  • マウス入手
  • マウス
  • マウス増産
  • マウス
  • マウス清浄化
contribution
研修会
manual
Reproduction
CARD
IRDA
熊本大学

熊本大学
生命資源研究・支援センター
動物資源開発研究施設(CARD)
資源開発分野

〒860-0811
熊本県熊本市中央区本荘2-2-1
TEL  :096-373-6575
FAX  :096-373-6566
Email :card(a)kumamoto-u.ac.jp
窓口担当:岩本
メンバー

お問い合わせ

トップページ 活動について 地図 メンバー 研究活動

マウスバンク 公開マウスバンク 有償マウスバンク 技術と貢献
微生物学的検査 保存 保存 開発・応用・普及
保存系統の品質管理 入手 入手 技術研修会
マウス等の輸送 料金 料金 海外研修会
業務実績 情報公開 応用 共同研究
規則 用語   FIMRe
  遺伝子改変マウスの命名法   科研費「新学術領域研究」
  遺伝子などの命名   NBRP
      ゲノム編集

© 2015 Center for Animal Resources and Development