飼育期間延期のための追加料金

 熊本大学からマウスを発送する前に、微生物学的に清浄であることを保証するための検査が行われます。検査のために仔マウスは生後5-7週齢まで熊本大学で飼育された後に、発送されます。

 受け取り側の都合によりマウスの受け取りが不可能の場合、飼育期間延長のための追加料金がかかります。



スケジュール

  1. 胚移植を受けた仮親マウスがアイソレータ内で隔離飼育される。
  2. 仮親マウスが出産し、仔マウスが離乳する。(仔マウス生後 4週齢)
  3. 仮親マウスの微生物学的検査を行う。
  4. 熊本大学から仔マウスを発送する。     (仔マウス生後5-7週齢)
  5. 受け取り不可能の場合、追加料金が発生。  (仔マウス生後8週齢以上)


追加料金

 マウス受け取り側の都合により、仔マウス生後8週齢を超えて熊本大学内でのマウス飼育を続ける場合は、以下の料金がかかります。

マウスの超過飼育: 750 円/アイソレータ/日


 アイソレータ利用台数については、マウスバンク窓口担当者までお尋ねください。



対応

 仔マウス生後2週齢ごろに、マウス発送予定日をお知らせします。
 発送されたマウスがスムーズに受け取れるよう、受け取り側で以下の項目等について事前にご対応ください。
  • 動物実験計画書の提出
  • 遺伝子組換え生物等第二種使用に関する申請
  • 動物施設の微生物学的検査グレードの確認


 マウスバンクから凍結胚/凍結精子を入手しようとする場合は、マウス飼育の必要がないため追加料金は発生しません。

NEWS




  • 概要
  • データベース
  • 保存
  • 入手
  • 料金
  • 概要
  • 保存
  • 入手
  • 料金
マウスの輸送
遺伝子改変マウスの輸送
微生物学的検査品質管理
実績
R-BASE
FIMRe
  • マウス
  • マウス入手
  • マウス
  • マウス増産
  • マウス
  • マウス清浄化
contribution
研修会
manual
Reproduction
CARD
IRDA
熊本大学

熊本大学
生命資源研究・支援センター
動物資源開発研究施設(CARD)
資源開発分野

〒860-0811
熊本県熊本市中央区本荘2-2-1
TEL  :096-373-6575
FAX  :096-373-6566
Email :card(a)kumamoto-u.ac.jp
窓口担当:岩本
メンバー

お問い合わせ

トップページ 活動について 地図 メンバー 研究活動

マウスバンク 公開マウスバンク 有償マウスバンク 技術と貢献
微生物学的検査 保存 保存 開発・応用・普及
保存系統の品質管理 入手 入手 技術研修会
マウス等の輸送 料金 料金 海外研修会
業務実績 情報公開 応用 共同研究
規則 用語   FIMRe
  遺伝子改変マウスの命名法   科研費「新学術領域研究」
  遺伝子などの命名   NBRP
      ゲノム編集

© 2015 Center for Animal Resources and Development